しわを改善

目もと、口もと、ひたい等、しわはどこにでも発生します。しわのできる原因は、紫外線、乾燥の外的要因と、加齢によって発生する皮膚構造の変化、代謝低下、活性酸素の影響等の内的要因に分けられます。外的要因となっている紫外線、乾燥に関しては、保湿成分の配合されたスキンケア化粧品を使用し続けることで、予防することができますが、内的要因となる加齢による皮膚構造の変化、代謝低下、活性酸素の影響等に関しては、生理的な老化が一因となっており、スキンケア化粧品のみでは、前もってケアすることは難しくなります。そんな時に活用できるのが、美容皮膚科になります。

しわ美容皮膚科が行う対策は、まず、医師がしわの状態を確認することから始まります。しわには、たるみじわ、表情じわ、目じりにできやすいちりめんじわに分けることができますが、これらのしわすべてに同じ施術を行うわけではありません。医師は、しわの種類、状態に合わせ、ヒアルロン酸、ボトックスを注入し、しわを改善します。

ちなみに、ボトックスを注入する際は、注射針による注入になりますので、通常の注射同様、少々の痛みを感じます。痛みに弱い方は、前もって、医師に、その旨を伝え、笑気麻酔の使用を依頼しておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket